--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.09

バージョンアップしたものの

鹿児島ビリッケツ12年目

13年目でギブアップです...

FW大城七哉で狙っていた「スーパーサブと呼ばれ」は諦めました。
代わってMF益田雄太で狙いましたがドキュメンタリーは発生したものの、
2段階目に進展することなく期限切れ。

「スーパーサブと呼ばれ」に失敗した大城七哉は「目覚めた才能」にチャレンジ。
WGからセンターFWにコンバートし進行中でした。

また、DF亀山拓海が「スターへの階段」を見事完結(といっても半年で終わりましたが)

そして、、、「跡を継ぐ者」、、、
未所属で獲得したGK森田敦夫とベテランGKグレンコビッチの織りなす喜劇。

「森田は練習態度も素晴らしく私の後継者に育てたい云々、、、」
と、言っていたグレンコビッチが翌週には、
「森田が気に入らない、あいつが辞めるか俺が辞めるかだ云々、、、」

、、、この一週間の間にいったい何があったんだ(笑





いろいろありましたが、とりあえずサカつく6は終了です。
本日、セガよりバージョンアップデータが公開されましたが、
後1ヵ月早かったら少しは楽しめたかもしれませんが、、、
とりあえずバージョンアップだけしてUMDは抜いちゃいました。


あっ、富岡篤史は「世界屈指の素質を持つ~。世界にその名を轟かすだろう。」まで育ちました。
途中、ドキュメント達成のため出場させなかったり、わざと負けたりとかあったので、少し遅れちゃったかな。
後2,3年進めれば神の領域まで行ったかも。

スポンサーサイト

Posted at 22:34 | サカつく6 | COM(0) | TB(0) |
2010.03.08

11年目

鹿児島ビリッケツ11年目

11年目
ドキュメンタリーの進展なし
「スーパーサブと呼ばれ」を狙って途中出場を続けていたFW大城七哉選手。
今年も条件クリアできず、、、
Posted at 21:18 | サカつく6 | COM(0) | TB(0) |
2010.03.07

Wプレミア1で優勝したものの…

9年目10月

■J1 第28節 △0-0(A)浦和
■Wプレミア2 第12節 ○3-0(H)マルセイユ
■J1 第29節 ○2-0(H)札幌
■Wプレミア2 第13節 ○2-1(H)ブエノスアイレス
■J1 第30節 ○3-0(A)東京V
■Wプレミア2 第14節 △0-0(H)ACポルト
■J1 第31節 ○3-0(H)神戸

Jリーグ
 3勝1分0敗(1位)
Wプレミア2
 2勝1分0敗(2位)


9年目11月

■Wプレミア2 第15節 ○1-0(H)ノースロンドン
■J1 第32節 △0-0(A)名古屋
■Wプレミア2 第16節 △0-0(A)ケルト
■J1 第33節 ○3-0(H)新潟
■Wプレミア2 第17節 △1-1(A)チェルシー
■J1 最終節 ○4-0(A)大分
■Wプレミア2 第18節 ○5-0(A)サントス

Jリーグ
 2勝1分0敗(1位)
Wプレミア2
 2勝2分0敗(1位)


9年目12月

■Wプレミア2 第19節 ○3-1(A)アイントフォーヘン
■Wプレミア2 第20節 ○1-0(H)ビエモンテ
■Wプレミア2 第21節 ○1-0(H)バレンシア
■Wプレミア2 最終節 ○1-0(H)ローマ

Wプレミア2
 4勝0分0敗(1位)


年間クラブ成績
 Jリーグディビジョン1 優勝(30勝4分0敗 97得点5失点)
 Wプレミア2 優勝(15勝5分2敗 37得点12失点)


10年目1月

サポーターズカンファレンス

前年公約:ライバルクラブに勝ち越す→結果 成功
公約:S
プロモーション:S
施設:S
総合評価:S
信頼度67% →獲得コアサポーター +1461人

今年の公約:打倒!ライバル
  …ライバルクラブに勝ち越す


世界クラブランク18位
 世界にその名が知れ渡っている名門クラブ。

プロモーションプラン
 大規模サポーター獲得プラン


10年目2月

キャンプ ロシア

鹿児島ビリッケツ10年目

10年目3月

■J1 開幕戦 ●0-2(A)G大阪
■J1 第2節 ○6-0(H)C大阪
■J1 第3節 ○4-1(A)京都
■J1 第4節 ○5-0(H)鹿島

Jリーグ
 3勝0分1敗(1位)


10年目4月

■J1 第5節 ○3-0(H)新潟
■J1 第6節 △1-1(A)川崎F
■J1 第7節 ○5-2(H)広島
■J1 第8節 ○4-0(A)大分

Jリーグ
 3勝1分0敗(1位)


10年目5月

■J1 第9節 ○3-0(H)浦和
■J1 第10節 ○6-1(A)鳥栖
■J1 第11節 ○3-1(H)清水
■J1 第12節 ○3-0(A)名古屋
■J1 第13節 ○2-0(H)磐田
■J1 第14節 ○3-0(A)甲府

Jリーグ
 6勝0分0敗(1位)


10年目6月


■Wプレミア1 開幕戦 ○1-0(A)ポカ
■J1 第15節 ○3-1(H)横浜FM
■Wプレミア1 第2節 ○3-2(A)ミュンヘン
■J1 第16節 ○3-0(A)神戸
■Wプレミア1 第3節 ●0-1(A)マンチェスターFC
■J1 第17節 ○4-0(H)F東京
■Wプレミア1 第4節 ○2-1(H)ノースロンドン
■J1 第18節 ○3-1(H)G大阪

Jリーグ
 4勝0分0敗(1位)
Wプレミア1
 3勝1分0敗(2位)


10年目7月

キャンプ ロシア


10年目8月

■Wプレミア1 第5節 △0-0(H)マドリードFC
■J1 第19節 ○3-0(A)C大阪
■Wプレミア1 第6節 △1-1(H)ミラノFC
■J1 第20節 ○4-0(H)京都
■Wプレミア1 第7節 △0-0(H)サンパウロ
■J1 第21節 ○1-0(A)鹿島
■J1 第22節 ○5-0(A)新潟
■J1 第23節 ○3-0(H)川崎F

Jリーグ
 5勝0分0敗(1位)
Wプレミア1
 0勝3分0敗(4位)


10年目9月

■Wプレミア1 第8節 ○3-0(H)マージーサイド
■J1 第24節 ○1-0(A)広島
■Wプレミア1 第9節 ○3-0(A)ASミラノ
■J1 第25節 ○4-0(H)大分
■Wプレミア1 第10節 ○4-0(A)バレンシア
■J1 第26節 ○3-2(A)浦和
■Wプレミア1 第11節 ○2-0(A)ビジャレアル
■J1 第27節 ○2-0(H)鳥栖

Jリーグ
 4勝0分0敗(1位)
Wプレミア1
 4勝0分0敗(1位)


10年目10月


■J1 第28節 ○3-1(A)清水
■Wプレミア1 第12節 ○5-0(H)ポカ
■J1 第29節 ○1-0(H)名古屋
■Wプレミア1 第13節 ○1-0(H)ミュンヘン
■J1 第30節 ○3-1(A)磐田
■Wプレミア1 第14節 △0-0(H)マンチェスターFC
■J1 第31節 ○5-0(H)甲府

Jリーグ
 4勝0分0敗(1位)
Wプレミア1
 2勝1分0敗(1位)


10年目11月

■Wプレミア1 第15節 ○2-0(H)ノースロンドン
■J1 第32節 ○1-0(A)横浜FM
■Wプレミア1 第16節 ○1-0(A)マドリードFC
■J1 第33節 ○4-0(H)神戸
■Wプレミア1 第17節 △0-0(A)ミラノFC
■J1 最終節 ○2-1(A)F東京
■Wプレミア1 第18節 ○4-0(A)サンパウロ

Jリーグ
 3勝0分0敗(1位)
Wプレミア1
 3勝1分0敗(1位)


10年目12月


■Wプレミア1 第19節 ○3-0(A)マージーサイド
■Wプレミア1 第20節 ○1-0(H)ASミラノ
■Wプレミア1 第21節 △1-1(H)バレンシア
■Wプレミア1 最終節 ○2-0(H)ビジャレアル

Wプレミア1
 3勝1分0敗(1位)


年間クラブ成績
 Jリーグディビジョン1 優勝(32勝1分1敗 106得点15失点)
 Wプレミア1 優勝(15勝6分1敗 39得点6失点)


Wプレミア1で優勝したものの、

進行中だったドキュメンタリー「復活の糸口」が時間切れで失敗。
該当選手が主力になれば成功ということなので、ずっとスタメンで起用していたにもかかわらず、
主力と判定されることはなかったようです。…なぜ?

「スーパーサブと呼ばれ」を狙って途中出場を続けていたFW大城七哉選手。
ドキュメンタリー発生条件の年間公式試合の8割以上出場し平均評価点6.0点がクリアできません(泣
毎試合評価点6.0点以上とっているのですが、、、
どうやらWプレミアリーグの試合は試合数はカウントされているのですが評価点はカウントされず0点で計算されているみたいです。
Wプレミアリーグの試合に出場すればするほど評価点が下がります。
年間公式試合の8割以上=(J34試合+WP22試合)×80%=44.8試合
少なくとも11試合はWプレミアリーグの試合に出場しなくちゃいけない。
んー


11年目以降は試合結果の記録は止めて、ドキュメンタリーの報告のみで記事を書きます。

Posted at 20:20 | サカつく6 | COM(0) | TB(0) |
2010.03.05

「復活の糸口」2、3、4

9年目8月

IN
 DF長井 崇(新潟から移籍)


■Wプレミア2 第5節 ○1-0(H)ケルト
■J1 第19節 ○4-0(A)F東京
■Wプレミア2 第6節 ●1-2(H)チェルシー
■J1 第20節 ○3-0(H)広島
■Wプレミア2 第7節 ○2-0(H)サントス
■J1 第21節 ○4-0(A)京都
■J1 第22節 ○3-1(A)C大阪
■J1 第23節 △0-0(H)川崎F

Jリーグ
 4勝1分0敗(1位)
Wプレミア2
 2勝0分1敗(1位)

「復活の糸口」
 他のクラブから獲得した、スランプに陥っている有望な選手が入団の挨拶をしました。

「復活の糸口」
 他のクラブから獲得した、スランプに陥っている有望な選手が調子を取り戻しかけているようでした。



9年目9月

■Wプレミア2 第8節 ○2-0(H)アイントフォーヘン
■J1 第24節 ○3-0(A)清水
■Wプレミア2 第9節 △1-1(A)ビエモンテ
■J1 第25節 ○2-0(H)横浜FM
■Wプレミア2 第10節 △1-1(A)バレンシア
■J1 第26節 ○2-0(A)鳥栖
■Wプレミア2 第11節 ○1-0(A)ローマ
■J1 第27節 ○7-1(H)柏

Jリーグ
 4勝0分0敗(1位)
Wプレミア2
 2勝2分0敗(2位)

「復活の糸口」
 他のクラブから獲得した、スランプに陥っている有望な選手が調子を取り戻しました。


「復活の糸口」はどんどん進んでいきます。楽
「スーパーサブと呼ばれ」を狙ってるFW大城七哉はなかなか活躍しません。苦
Posted at 21:11 | サカつく6 | COM(0) | TB(0) |
2010.03.03

「復活の糸口」1

9年目1月

サポーターズカンファレンス

前年公約:信頼度獲得のプロモーションを大成功させる→結果 成功
公約:S
プロモーション:S
施設:A
総合評価:S
信頼度56% →獲得コアサポーター +1281人

今年の公約:打倒!ライバル
  …ライバルクラブに勝ち越す


世界クラブランク25位
 世界屈指の実力を持つ強豪クラブ。

プロモーションプラン
 大規模サポーター獲得プラン


9年目2月

キャンプ ロシア

鹿児島ビリッケツ9年目

9年目3月

■J1 開幕戦 ○5-0(A)甲府
■J1 第2節 ○3-1(H)F東京
■J1 第3節 ○1-0(A)広島
■J1 第4節 ○5-0(H)京都

Jリーグ
 4勝0分0敗(1位)


9年目4月

■J1 第5節 ○4-0(H)C大阪
■J1 第6節 △0-0(A)川崎F
■J1 第7節 ○3-0(H)清水
■J1 第8節 ○5-0(A)横浜FM

Jリーグ
 3勝1分0敗(2位)


9年目5月

■J1 第9節 ○1-0(H)鳥栖
■J1 第10節 ○1-0(A)柏
■J1 第11節 ○5-1(H)浦和
■J1 第12節 ○4-0(A)札幌
■J1 第13節 ○3-0(H)東京V
■J1 第14節 ○3-1(A)神戸

Jリーグ
 6勝0分0敗(1位)


9年目6月


■Wプレミア2 開幕戦 ○2-1(A)マルセイユ
■J1 第15節 ○4-0(H)名古屋
■Wプレミア2 第2節 ○3-0(A)ブエノスアイレス
■J1 第16節 ○2-0(A)新潟
■Wプレミア2 第3節 ○4-2(A)ACポルト
■J1 第17節 ○3-0(H)大分
■Wプレミア2 第4節 ●1-2(H)ノースロンドン
■J1 第18節 ○2-0(H)甲府

Jリーグ
 4勝0分0敗(1位)
Wプレミア2
 3勝0分1敗(2位)


9年目7月

キャンプ ロシア

「復活の糸口」
 他のクラブから、スランプに陥っている有望な選手を受け入れてくれるように依頼が来ました。


アルビレックス新潟 DF長井崇

「スーパーサブと呼ばれ」を狙ってFW大城七哉を途中出場させ続けていましたが、
平均評価点6.0点以上という条件が今季はクリアできそうもないです。
代わって「復活の糸口」が発生しました。
最初(1回目のプレイ)にこのドキュメントが発生したときは海外クラブからの依頼だったので、てっきり海外クラブから依頼が来るもんだと思っていたら、なんとライバルクラブのアルビレックス新潟から依頼が来てビックリ。
…しかし、長井崇は左サイドバックで、、、今はダブり気味なんだよな(長井を含めて4人)
まぁ、ドキュメント期間限定ということで移籍させました。
Posted at 23:20 | サカつく6 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。