--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.08.31

DSやきゅつく 記録

DSやきゅつくをプレイした結果を簡単にまとめてみました。
とりあえず、な感はありありですが、、、

くろやぎ。DSやきゅつくの記録 Mission1 巨人軍を10年以内に日本一にせよ!


4回目プレイの全試合の結果


個人の通算記録


その内にもっと充実させたいな。(その内っていつのことやら)
スポンサーサイト

2008.08.29

DSやきゅつく 10年終了 #4

10年終了しました。

・・・・・またもゲームオーバー、解任です。


CS2ndステージは、

3-5●
7-5○
2-5●
0-2●
0-1●

1勝4敗。惨敗です。
前半は先発投手が5失点。後半は打線が全く打てず。
投打の歯車が全く噛み合いませんでした。



5回目のチャレンジの前に今回の記録をちょっとまとめてみようかなと思ってます。
2008.08.28

DSやきゅつく 10年目10月1週 #4

10年目10月1週。CS2ndステージ開幕前夜。

2年ぶりリーグ戦優勝しました!

6月  7勝13敗3分 首位中日に5.5ゲーム差
7月 14勝 8敗1分 
8月 17勝 7敗   逆転し2位中日に3.5ゲーム差(M19)
9月 15勝 6敗1分

見事逆転優勝!
6月は7連敗と5連敗。
7月は7連勝。
8月は5連勝、4連勝。
と、好不調の波が大きかった。


優勝プレッシャー?

9月3週後半、M2になって2位中日との3連戦。
勝てば優勝という試合。

1戦目は先発が3失点で試合が進み9回2死、敗戦濃厚だったが田中が起死回生の同点3ラン!しかし延長12回、山本浩二にこの日3本目の本塁打を打たれ敗戦。

2戦目は先発江川を筆頭に投手陣総崩れで23被安打14失点。打線もマー君に5安打完封負け。

3戦目、2−3のまま9回2死1塁。高田の同点二塁打のあと、浜本が死球で出塁。
ツクローが優勝決定のサヨナラ3ランで胴上げ画面に!


ドラフト候補
今年の候補は、

いません。隠し玉も江夏と清原で候補にならず。
まあ、2周目突入時は25人にリストラしなきゃいけないので、いいけど。


シーズンタイトル獲得者

高橋由伸 最多安打 210安打
堀井輝夫 最多勝 19勝(2回目)
堀井輝夫 最優秀防御率 1.86
西村健太朗 最多奪三振 271個(8年連続8回目)
堀井輝夫 最高勝率 .760(2回目)

堀井輝夫 MVP(2回目)
浜本功造 新人王

1番に据えた高橋由伸が最多安打。2番志賀の犠打数も100を超え断トツ1位。
得点圏にランナーをおいて二岡、長嶋という場面を数多く作れた。

堀井輝夫は初期パワーセットの投手(2回爆発)安定して活躍した。
彼と西村の2投手がポストシーズンの鍵を握るだろう。

浜本功造は新人ながら3割を打ち、藤村の衰えもありレギュラー獲得。
6番の高田が送り、7番浜本が返す得点パターンも多かった。
彼が入団していなかったらリーグ優勝も厳しいものになっていたかもしれない。


10年目終了時
    試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1 巨人 144 86 52 6 0.623 優勝
2 中日 144 80 58 6 0.580 6.0
3 ヤクルト 144 75 63 6 0.543 11.0
4 横浜 144 65 71 8 0.478 20.0
5 広島 144 55 85 4 0.393 32.0
6 阪神 144 52 86 6 0.377 34.0



さあ、日本一になるためのラストチャンスだ!
2008.08.26

ダビスタDS 27日目

昨日の話になりますが、インターレースがついに東京が全国制覇するという結末で第1回が終わりました。

、、、第2牧場の出身地を東京にして何か良いことがあるか検証したんですが、何にも無かったようです。
結局、全国制覇しても特典は無いし、
レースで先着して種牡馬ゲットしても海外種牡馬は有料だから本編で大金払って種付け権買い取ったほうが後々お得だし、
レア国産種牡馬は、、、、だし、

ということで、
一気にダビスタ熱が冷めてしまいそう。

インターレースでゲットした海外種牡馬の種付け権が有料なことに引っかかっていたので、第2牧場でもう一度最初からインターレースなしでやり直すことにしました。
(リセットプレイなら種付け権の金額なんて関係ないのかもしれませんが)

とりあえず目標は、

★G1全制覇
★エンディングを見る
★全海外種牡馬の種付け権を購入
★全レコード記録更新(無理だろー)

ルールはリセット無し(当然)、馬券購入なし。
期限:飽きるまで。

たぶん途中で飽きるだろうな、、、
Posted at 19:14 | ダビスタDS | COM(0) | TB(0) |
2008.08.26

DSやきゅつく 10年目6月3週 #4

10年目の交流戦が終わった。

3・4月 19勝9敗1分
5月   14勝9敗
6月前半  4勝8敗(交流戦7連敗)

出だしは好調だった(過去形)
チーム打率.299、防御率2.76はリーグ1位の成績。
交流戦前半も6連勝などで2位中日に2ゲーム差を付け首位に立っていましたが、、、

交流戦後半にまさかの7連敗。先発投手陣が総崩れ。
交流戦16勝7敗1分で優勝した中日にあっという間に逆転され、
現在首位に4ゲーム差の2位(泣)


遅ればせながら昨年のドラフトの報告。

当初の予定通り、原辰徳、浜本功造、金井昭三を指名。
しかし所有人数制限を超えたため金井昭三を入団後即解雇という暴挙に。
原は代打およびDHで起用。浜本は衰え始めた藤本に替わって途中からレギュラーに。
まだ規定打席に達していないものの打率.303と期待に応える活躍。



★重大事件発生!

4月3週の4試合の結果が書き換えられるという事件が発生!
2勝2敗という勝ち星こそ変わらなかったが、個人の投手成績、打撃成績は全く変わってしまいました。

原因は該当する4試合が終わったところでプレイヤーがお風呂に入り、ゲーム途中だということを忘れ、風呂上がりにDSの電源スイッチを動かしてしまったためということです。

選手の個人成績への影響も大きかったですが、プレイヤーのモチベーションが大きく失われてしまった模様で今後のプレイへの影響が懸念されています。

んー、大失態!

10年目交流戦終了時
    試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1 中日 64 41 22 1 0.651 -
2 巨人 64 37 26 1 0.587 4.0
3 ヤクルト 64 34 29 1 0.540 7.0
4 横浜 64 29 31 4 0.483 10.5
5 広島 64 23 40 1 0.365 18.0
6 阪神 64 21 39 4 0.350 18.5

2008.08.24

DSやきゅつく 10年目3月4週 #4

ラストシーズン開幕前夜。


9年目のポストシーズン、たった2試合であっけなく終了。



横浜に0-2、1-7で連敗しCS敗退。
全く打てませんでした。
予想だにしない展開で10年目に突入。
泣いても笑っても最後です。
2008.08.22

DSやきゅつく 9年目10月1週 #4

無念のリーグ戦2位。そしてクライマックスシリーズ1stステージ前夜。

7月 10勝14敗 2位転落
8月 14勝9敗1分
9月 10勝11敗1分

9月前半7勝4敗でいったん首位に返り咲いたが、
後半3勝7敗1分で失速。

1stステージの相手は横浜。
吉村、村田などの長距離砲を揃え本塁打数リーグ1位を誇る。
ただ投手力が弱いので、それほど怖くない。


ドラフト候補
今年の候補は、
浜本功造:モデル選手は山本功児。巨人、ロッテで活躍した一塁手。
金井昭三:モデル選手は土井正三。巨人で活躍した二塁手。
原辰徳:巨人のデフォルト現監督。元三塁手。

浜本功造は1年目の隠し玉で出てきたんだけど、皆藤、川相、鹿取を指名したので見送りになっちゃったんだよな。まあ一塁は初期パワーセットの藤村しかいないので今年は指名しようかな。
金井昭三は見送りかも。志賀、篠塚と2人いるし。
原辰徳は長嶋の後継者として指名予定(すでに隠し玉カードで★5個付けちゃった)


シーズンタイトル獲得者

西村健太朗 最多奪三振 256個
江川卓 新人王

西村は7年連続奪三振王!彼こそドクターK。
で、ドクターK持ちの江川が皆藤以来の新人王獲得。
でも新人王獲得時の成績は、
皆藤 2.51 15勝10敗
江川 3.64 9勝11敗
成績いまいちだった、、、


衰えた環の成績は、

衰えて巧打はめちゃ下がり、守備も××ですが、49本塁打を放ち通算440本塁打として、長嶋の記録まであと4本でしたが、おそらく今年で引退でしょう。残念。
816打点。予告ホームラン43本。本塁打王5回。打点王1回。
巧打、走塁、捕球、送球などほとんどDになりましたが長打、精神はS。選球眼はA。
お疲れさまでした。

いっぽう皆藤勇気は、

球速145km、球威B、変化球がC~B。
成績は防御率3.17 10勝11敗と微妙な感じ。たぶん引退だろうな。
通算成績は90勝78敗、防御率2.68。
新人王。最優秀防御率1回。ノーヒットノーラン1回。
んー、防御率の割に勝率が良くないかな。前半はチーム自体がBクラスだったし、打線の援護が無い試合もあったと思う。
楽天田中がFAで中日に移籍し、甲子園対決再び、なんて試合もありました。
お疲れさまでした。


9年目終了時
    試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1 中日 144 81 56 7 0.591 優勝
2 巨人 144 81 61 2 0.570 2.5
3 横浜 144 77 61 6 0.558 4.5
4 ヤクルト 144 59 74 11 0.444 20.0
5 広島 144 60 80 4 0.429 22.5
6 阪神 144 58 80 6 0.420 23.5

2008.08.18

DSやきゅつく 9年目6月3週 #4

9年目6月3週。交流戦が終わって一息ついてる月曜の夜。

交流戦前 26勝14敗
交流戦  14勝10敗(2位)

40勝24敗 勝率.625は過去最高の成績でここまで来てます。
チーム打率、防御率もリーグ1位と投打が噛み合って好調です。
突出して好成績を上げている選手がいる訳でもなく、何となく負けない。
そんな感じです。
強いていえば、皆藤勇気と環敏次の衰えコンビ(笑)が活躍していることかな。
皆藤勇気の代役を期待していた江川卓がいまいちで、

皆藤 2.90 6勝4敗
江川 4.34 3勝7敗

一方、衰えて巧打がめちゃ下がった環敏次ですが、

環 .266 28本塁打 52打点

ホームランダービーのトップを独走中!



9年目交流戦終了時
    試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1 巨人 64 40 24 0 0.625 -
2 中日 64 34 26 4 0.567 4.0
3 横浜 64 33 28 3 0.541 5.5
4 広島 64 27 35 2 0.435 12.0
5 ヤクルト 64 26 34 4 0.433 12.0
6 阪神 64 25 34 5 0.424 12.5

2008.08.18

ダビスタDS 26日目

本屋でサラブレ立ち読みしました。オイ!

レース中に自分の馬を指すためLRボタンを押すと勝率が下がる!?という記事が載ってました!
え”ーーー
本当ですか?
今までずーっと押してたんですけどーみたいなー


まぁ結論は?だったんですが。

インターレースも本編も特記事項はありません。ってブログ書いてる意味ないな。
Posted at 20:44 | ダビスタDS | COM(0) | TB(0) |
2008.08.16

DSやきゅつく 9年目3月3週 #4

9年目3月。オープン戦前です。

昨年のポストシーズンの結果


クライマックスシリーズは3勝1敗で中日を降し昨年の雪辱を果たす。
またもや中田に抑えられ1敗はしたものの、それ以外は投打が噛み合い完勝!

日本シリーズの相手は一昨年に続き千葉ロッテ。

第1戦 10-4○ 田中の3打席連続ホームランでフィンをKO
第2戦 0-2● 神様稲尾に4安打完封負け
第3戦 3-4● 最多勝堀井が4失点、打線粘り無く追いつけず連敗
第4戦 1-3● 拙攻10残塁で3連敗!
第5戦 9-2○ 環の日本シリーズ第1号ホームランなどで大勝!
第6戦 3-1○ 野間口力投5安打1失点完投勝利
第7戦 0-10● 神様稲尾に連続完封負け

勝敗的にはあと一歩までいったんですけど、、、、
どうしたら神様稲尾から点が取れるのか???



ドラフト

1巡目江川卓、2巡目内海哲也、3巡目杉本寿雄。
隠し玉カードで★がたくさん出たので内海を隠し玉に出来、3人とも競合無しで獲得。
今年の隠し玉は無駄無しでした。珍しい。


FA

村田がFA宣言。3年契約5億3710万円で引き留め。
西村の9億5460万円に続く高給取りになる。

ライバル中日が楽天からFA宣言した田中マー君を獲得していたのが気になる。
ますます投手層が厚くなってる。



2008.08.16

DSやきゅつく 8年目10月1週 #4

8年目10月1週。ペナントレース3連覇達成!!!

7月13勝8敗2分
8月16勝8敗
9月12勝8敗2分

7月の中日6連戦で2勝4敗と負け越し首位を明け渡すも、
8月の中日6連戦で4勝2敗と勝ち越し首位返り咲き。

しかし9月前半3勝6敗2分と大きく負け越し、中日にマジック8が点灯。
9月3週は4勝2敗と勝ち越すも、中日も同ペースで残り5試合でマジック2。
9月4週前半、3連勝と粘る。ここで中日足踏みしマジック2のまま。
9月4週後半1試合目巨人勝利!中日敗戦!で巨人に逆転マジック1点灯!

最終試合、今季最多勝の堀井が中2日で登板、見事完投勝利!

最終試合での逆転優勝という劇的な結果に!

はっきり言って中日にマジック8が点灯した時に監督はもう優勝あきらめてました(笑)
9月3週1試合目にエース西村が怪我をしたので2軍に落とし、替わりに1軍に上げた上原を対中日戦に先発させてましたから、、、捨て試合です。

いよいよクライマックスシリーズ2ndステージです。
相手はもちろん中日。
昨年の雪辱を果たし日本シリーズ出場、日本一狙います。



ドラフト候補
今年の候補は、
内海哲也:巨人の若き左腕エース。
江川卓(隠し玉):3回ドラフト1位指名を受けた怪物。
杉本寿雄(隠し玉):モデルは藤本英雄。日本プロ野球史上初の完全試合投手。

投手ばかり3人です。1巡目は内海指名予定ですが、競合しているので取れるかどうか。
なんといっても江川卓。最高の隠し玉です!
皆藤の衰え、今季はなんとか持ちこたえたが来季はおそらく戦力外。
即戦力の江川が加入すれば戦力ダウンにはならないはず。


シーズンタイトル獲得者

堀井輝夫 最多勝 20勝
西村健太朗 最優秀防御率 1.70
西村健太朗 最多奪三振 280個
堀井輝夫 最優秀勝率 .769
堀井輝夫 MVP



8年目終了時
    試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1 巨人 144 87 53 4 0.621 優勝
2 中日 144 88 54 2 0.620 0.0
3 横浜 144 73 64 7 0.533 12.5
4 阪神 144 61 77 6 0.442 25.0
5 広島 144 59 80 5 0.424 27.5
6 ヤクルト 144 45 90 9 0.333 39.5

2008.08.11

DSやきゅつく 8年目6月3週 #4

8年目交流戦が終わった頃。

8年目。

開幕戦はライバルの中日。
先発寺原に2安打完封負けを喫し、昨シーズンの悪夢が覚めていないのかと頬をつねる。
、、、どうやら現実のようだ。かなり凹む。


しかーし、その後、何かに取り憑かれたように勝ち進む!
打線が打てなければ投手陣が踏ん張り抑える。
投手陣が打込まれれば打線が脅威の粘りを見せ逆転する。
気がつけばチーム新記録の16連勝!
※日本記録は18連勝。大リーグ記録は26連勝。


、、、当然反動っていうのもあるんですよね。
その後は勝ったり負けたりで独走というわけには行きませんでした。
それどころかライバル中日が追い上げて来て、交流戦終了時には0.5ゲーム差まで迫ってきました。


交流戦では西村が大活躍!
5登板で5勝(完封2試合、ノーヒットノーラン1試合)
昨年の皆藤勇気に続いて2人目のノーヒットノーラン達成です。



8年目交流戦終了時
    試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1 巨人 64 39 25 0 0.609 -
2 中日 64 38 25 1 0.603 0.5
3 横浜 64 32 29 3 0.525 5.5
4 阪神 64 29 32 3 0.475 8.5
5 広島 64 23 39 2 0.371 15.0
6 ヤクルト 64 22 38 4 0.367 15.0

2008.08.11

ダビスタDS 25日目

昨日作成した第2牧場の愛馬エメラルドラビ号がインターレースデビュー戦で勝利しました!
幸先いいです。

一方、第1牧場の愛馬イエローライナー号は10歳になり引退勧告です。
42戦3勝 総賞金:D$755,000
お疲れさまでした。

今日の競走馬セールには走りそうな馬がいなかったので購入は見送り。


インターレース終戦予定日は8月25日?

Posted at 19:58 | ダビスタDS | COM(0) | TB(0) |
2008.08.10

ダビスタDS 24日目

インターレース消化試合もまだ2週間ぐらい続きそうです。
とりあえずレア種牡馬の権利獲得狙いで出走させてます。

セーブデータが2つ作れるので、もうひとつの牧場予定地に新規牧場作成しました。
出身地は東京にしました。
インターレース全国制覇の特典を確認するためです。(ズルッ!)


普段、通勤中に遊んでいる本編を気分転換に今日は家で遊んだのですが、
強い馬は生まれず、やっとG1を勝てる馬が出来たと思ったら、
レースリプレイを見ている途中でフリーズしてしまい、
数時間分のプレイが無かったことに、、、


凹みながら、やきゅつくに戻りました。
Posted at 22:00 | ダビスタDS | COM(0) | TB(0) |
2008.08.08

ダビスタDS 23日目

インターレースの愛馬イエローライナー号がまたまた大穴開けました!
7番人気ながら大逃げで6馬身差の大楽勝!

まるで消化試合でホームランを打つ某野球選手のようです。


本編のほうは1歳馬競り市で海外種牡馬が父となる仔馬を漁っているのですが、今のところ成果無しです。
だんだん、走らない馬のレースを見るのが苦痛になってきました。やばい。
Posted at 21:22 | ダビスタDS | COM(0) | TB(0) |
2008.08.07

DSやきゅつく 8年目3月4週 #4

8年目3月。悟りの8年目。

日本シリーズ?何ですか、それ?

7年目のポストシーズンの結果。
CS2ndは中日に屈辱の4連敗。

1戦目、0−2 中田に2安打完封負け。(GM、ちょっと不安になる)
2戦目、0−1 朝倉に3安打完封負け。(GM、すでにキレる)
3戦目、5−6 リリーフ鹿嶋が井端に2本塁打され逆転負け。(GM、やけくそ)
4戦目、4−5 リリーフ陣が打込まれ逆転負け。(GM、放心、、、)

投手陣が好投すれば、打撃陣が打てない、打撃陣が打てば投手陣打たれる。
どうすればいいですか?
CSでは昨年も中田に完封負け、一昨年には朝倉に完封負け。
苦手意識があるのか?

とにかく出直しです。あと3年あるし、10年目で日本一なんていうのも劇的でいいじゃないですか。、、、と開き直る。


ドラフト

1巡目で上原浩治、2巡目で大嶋康弘(モデルは中島治康)を指名。
上原は3年以内に戦力になるのか不安。
大嶋は代打の切り札として。


隠し玉カード

大嶋康弘:モデルは中島治康。初代三冠王。
若槻匡:モデルは若林忠志。七色の変化球を操る阪神のエース。
井口士朗:モデルは野口二郎。数々の記録を持つ鉄腕投手。
江夏豊:阪神の左腕エース。三振奪取王。
★★


その他

スカウトをマクベスに交代。
皆藤勇気が衰えはじめる。

7年目終了時
    試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1 巨人 144 84 57 3 0.596 優勝
2 中日 144 73 63 8 0.537 8.5
3 横浜 144 72 66 6 0.522 10.5
4 阪神 144 72 67 5 0.518 11.0
5 ヤクルト 144 59 79 6 0.428 23.5
6 広島 144 57 84 3 0.404 27.0

2008.08.06

DSやきゅつく 7年目 9月4週 #4

7年目9月4週。ペナントレース2連覇達成!

8月13勝11敗
9月13勝4敗(3週後半終了時点)
9月に入ると投手陣がかなり安定してきた。

8月4週前半にM22が点灯!
9月残り7試合でペナントリーグ優勝!



9月2週の広島戦。1-0で皆藤完封勝利だったが、この完封勝利は、
皆藤自身の3登板連続完封勝利!
チームも3連戦3連続完封勝利!
対広島戦、5戦連続完封勝利!
という、投手陣の好調さを象徴する完封劇だった。

さらには、9月1週の横浜戦で皆藤勇気がノーヒットノーラン達成!
29打者、101球、9奪三振、2四球という内容。
7回までは完全試合かと思われたが8回に2四球を与え完全試合を逃す!



この後はCS2nd、日本シリーズ。
なんとかCS2ndを勝ち抜いて日本シリーズで昨年の雪辱を果たし日本一になりたい。

2008.08.05

ダビスタDS 22日目

海外種牡馬購入イベントでレインボークエストが来ました!

以前のダビスタ(何作目か忘れた)で安定C実積Aの優良?種牡馬として最強馬生産配合で人気があった種牡馬です。
私も結構お世話になりました。
今作では、これだ!という最強馬生産配合は出てないみたいですが、BCでなければ、そこそこ活躍する仔が生まれるんじゃないかと期待しています。

次はサドラーズウェルズだ!(資金ためなきゃ)

Posted at 19:16 | ダビスタDS | COM(0) | TB(0) |
2008.08.04

DSやきゅつく 7年目8月1週 #4

7年目8月1週。そろそろ五輪!?

5月10勝12敗1分
6月14勝8敗1分
7月11勝11敗1分

トータル35勝31敗3分と4つの勝ち越しの留まりましたが、2位以下も阪神、中日、横浜と星の潰し合いで2位とのゲーム差も変わらずでした。

交流戦は13勝10敗1分の5位。優勝は横浜。
なかなか交流戦優勝も難しいものです。


ドラフト候補
今年の候補は、
上原浩治:巨人の現役エース。メジャー行けるのか?
大嶋康弘(隠し玉):モデルは中島治康。初代三冠王。

本音は即戦力の江川卓がよかったんだけど、、、
柴田勳とか、松本匡とか、
まだ隠し玉カードがあるので、残りに期待。

7年目7月末現在
    試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1 巨人 98 55 40 3 0.579 -
2 中日 98 51 43 4 0.543 3.5
3 横浜 98 51 46 1 0.526 5.0
4 阪神 98 49 47 2 0.510 6.5
5 ヤクルト 98 42 52 4 0.447 12.5
6 広島 98 39 58 1 0.402 17.0

2008.08.02

DSやきゅつく 7年目5月1週 #4

7年目5月1週。おそらくピークの7年目。

昨年の日本シリーズの結果

1勝4敗で千葉ロッテに惨敗。
ロッテ投手陣を全く打てませんでした。
シーズン66本塁打の環も5戦本塁打0。
投手陣は5戦目に皆藤が炎上して12失点と散々でしたが、4戦目までは平均3失点と千葉ロッテの打線をそれなりに抑えていました。
しかし打線が0点、0点、5点、2点、1点じゃ、、、

また出直しです。


ドラフト

1巡目で高橋由伸を指名。
仁志、高橋一三、林昌範などもリストに上がっていましたが2巡目には全員指名されてしまいました。
※トライアウトで亀井義行外野手を獲得。


隠し玉カード

長谷部涼:モデルは長谷川良平。黎明期の広島を代表するエース。
佐々木誠:ホークスの走攻守三拍子そろった外野手。
★★
平松政次:カミソリシュート。大洋のエース。
江本孟紀:元国会議員。タイ王国の総監督。

また2億5000万円を無駄に。


その他

スカウトを豊島作造に交代。
皆藤勇気がFA→残留。
初期メンバー留井徹が引退。



7年目4月の結果

前半は投手陣が好調、後半は打撃陣が好調で4月末現在20勝9敗で首位です。
新人高橋由伸を1番に据え、ツクローを8番に。
1番高橋は出塁率高く得点アップに貢献。
8番ツクローは14本塁打で「恐怖の8番打者」に変身。


6年目4月末現在
    試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1 巨人 29 20 9 0 0.690 -
2 阪神 29 17 12 0 0.586 3.0
3 中日 29 15 13 1 0.536 4.5
4 横浜 29 12 17 0 0.414 8.0
5 ヤクルト 29 11 17 1 0.393 8.5
6 広島 29 11 18 0 0.379 9.0

2008.08.01

DSやきゅつく 6年目10月2週 #4

クライマックスシリーズ2ndが終わりました。
昨年のリベンジ達成!
3勝1敗で中日を降し日本シリーズ出場決定です!

先発五本柱のうち、精神力の高い皆藤、野間口を中継ぎ、抑えにまわし、残りの3人(村田、西村、堀井)で先発をまわす作戦が上手くいきました。
長嶋も4試合で3発と4番の役割を果たしました。



日本シリーズの相手は千葉ロッテです。
千葉ロッテは交流戦も18勝6敗で優勝しています。

ロッテ チーム打率.276(3位)、防御率3.32(2位)
巨 人 チーム打率.273(1位)、防御率3.32(5位)

数字はほぼ同じですが交流戦ではパーリーグが上位独占していましたので、ロッテのほうが強いのかなぁ?
交流戦の対ロッテの成績は巨人の1勝3敗。
いずれも接戦でした。

はてさて、どんな日本シリーズになるのでしょうか?

2008.08.01

ダビスタDS 21日目

インターレースの話題

東京が大阪本陣目指して突き進んでいますね。
もし、東京が全国制覇したらどうなるんでしょうか?
説明書にはリセットされてまた一から戦国時代が始まるみたいなことが書いてありました。
また、攻略本の薗部さんのインタビューにはゲーム内でそれなりの演出があるといってました。
東京に制圧されていた県にも何かあるんでしょうか?
気になります。

今日のイエローライナー号は9番人気で2着(笑)
相変わらずの人気薄!
でも晩成なのか最近は入賞することが多くなりました。
Posted at 20:33 | ダビスタDS | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。