--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.30

DSやきゅつくMission2 2回目準備中

環の本塁打数を増やす方法を思案中です。

1.安打数を増やし、相対的に本塁打数を増やす
2.現役期間を延ばし、相対的に本塁打数を増やす
3.本塁打の増える効果的なオリジナルスキルを付ける

以上の観点から、いくつか案を考えてみました。

まず、唯一、そして大きな欠点は巧打が低いことです。
特に右巧打は通常だとD+が限界で、3回爆発してやっとC。
これを克服するためにスキル「右キラー」を付ける!
、、、しかし、ウィンターリーグでキューバに派遣しても滅多にスキル習得してこないんだ。
たまに習得しても「外国人投手に強い」だったりして「右キラー」習得みたこと無い。
攻略本、間違ってる?

つぎに考えたのはライバル(セ5球団)の能力の高い右腕を強奪し飼い殺し、あるいは、ドラフトでエース級右腕を片っ端から獲る、自チームの左腕とライバルチームの右腕をトレードなどなど。
しかし、ドラフト、トレード、FA禁止に引っかかるしなぁ、で断念。

2の現役期間を延ばす方法を試してみました。
まず、蓄積疲労は溜めないでこまめに休養。
秋季練習は必ずオーバーホール。
しかし衰え時期は変わらずでした。
9年目から衰え始めたものの40本以上ホームランを放ち、このまま引退させなければ記録更新出来るか!?と思われたが、11年目からは長打も衰え始め30本、20本と減少。
そして13年目には体力を示すバーがピーク時の10分の1(5㎜ぐらい)になり、すぐに疲労がたまり、満足に出場することさえ出来なくなりました。14年目に魔術師イベントが起き能力爆発したものの精神以外は全てDのまま変わりませんでした。
現役期間延ばせても2,3年かな。

3のスキルですが環が巧打が低く長打がSまで成長するため巧打を上げるスキルが有効かなと考え、オリジナルスキル(バント職人に巧打+2を3個)、中盤の集中力、左キラーを付けてました。
長打Sだから長打を上げるスキルは無駄なんじゃないかと考えたんです。
でも、スキル発動したときホームランよりタイムリーが多かったような印象だったので、考えが間違ってるのかなと思い、今検証中です。


また、1回目の時、オリジナルスキルも設定して無く、爆発も1回しかしていなかった2年目が一番本塁打数が多かった。
この原因が解明出来れば良い方法が判るんだけど。
ウインターリーグ派遣して帰って来た年だから春先からコンディションは良かったが、その年は夏場にホームラン量産してるんだよなぁ。


スキル検証中だけど見切り発車しちゃおうかな?
スポンサーサイト

2008.09.26

DSやきゅつくMission2 消化試合終了

8,9,10年目の結果

8年目 79勝62敗3分 2位(首位と0.0ゲーム差) CS敗退
9年目 76勝63敗5分 1位(2位と0.0ゲーム差) CS敗退
10年目 71勝71敗2分 3位(首位と12.0ゲーム差) CS敗退

3度のCS、全て敗退し日本シリーズ出場は叶いませんでした。



環(兄)の成績 年度別記録はこちら→GO

8年目 打率.235 62本塁打 127打点
9年目 打率.220 48本塁打 112打点
10年目 打率.205 40本塁打  91打点

通算本塁打519本(前回は440本)

8年目62本塁打で2年連続本塁打王獲得

9年目から衰え始めたがその後も2年連続40本以上本塁打を放つ。



さて、2回目の挑戦だ!
2008.09.25

DSやきゅつくMission2 5年目 降参!

5年目の環(兄)の本塁打数が38本と3年続けて前回の記録を下回ったため
ちょっと作戦失敗したかな?感がしはじめ、もう一度最初からやり直したくなりました。
しかし、今回のプレイも無にしたくないため「試合を見る」から「結果を見る」モードに変更し10年間プレイすることにしました。m(_ _)m

5,6,7年目の結果

5年目 64勝75敗5分 4位(首位と14.5ゲーム差)(全試合の結果はこちら→GO)
6年目 66勝78敗0分 5位(首位と18.5ゲーム差)
7年目 70勝71敗3分 4位(首位と7.0ゲーム差)

5年目秋に監督交代し6年目の春キャンプで魔術師チルドレンの能力爆発イベントがありました。



環(兄)の成績

5年目 打率.203 37本塁打  84打点
6年目 打率.223 45本塁打 100打点
7年目 打率.280 63本塁打 143打点

通算本塁打373本(前回7年終了時は349本)

5年目オリジナルスキル「ワッパーズ魂」設定
(バント職人+巧打2+巧打2+巧打2)

7年目63本塁打で4年ぶりの本塁打王獲得


余談

7年目のドラフトでヤクルトが長嶋茂雄を指名。
前回の記事の内容が誤解だったことが判明。
2008.09.21

DSやきゅつくMission2 4年目 本塁打王逃す!

4年目の結果 (全試合の結果はこちら→GO)

3,4月 6勝22敗1分
5月 14勝9敗
6月 14勝9敗
7月 13勝10敗
8月 7勝17敗
9月 11勝11敗

最終 65勝78敗1分 5位(首位と15.5ゲーム差)

4年目最終
    試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1 広島 144 76 58 10 0.567 優勝
2 阪神 144 76 59 9 0.563 0.5
3 中日 144 74 65 5 0.532 4.5
4 ヤクルト 144 61 72 11 0.459 14.5
5 ワッパーズ 144 65 78 1 0.455 15.5
6 横浜 144 57 79 8 0.419 20.0

相変わらず春先は調子悪い。5,6,7月と盛り返したものの8月に夏バテで帳消し。
ナベツネ補強した広島が優勝。助っ人が打ちまくった阪神と最後まで優勝争いしてた。


シーズンタイトル獲得者

堀井輝夫 最多勝 21勝(初)
福間雄太郎 最多奪三振 289個(2回目)
堀井輝夫 最優秀勝率 .750(初)

シーズン途中に能力爆発した堀井が後半11連勝と勝ち星を重ね最多勝と最優秀勝率の2冠を達成!
環(兄)は4年連続50本塁打を達成したものの、最後の2試合でL.ウォルター(阪神)が3本塁打!逆転されタイトル逃す。


環の成績

7月1週 通算200号達成!

打率.221 50本塁打 107打点

3,4月は昨年の不調を引きずって打率 .148 5本塁打 10打点
5月以降10本、10本、11本と復調したかに見えたが8,9月は7本ずつとまた下降気味。
2年目の70本はいったい、、、、


ドラフト 不参加

気になる選手の行方は、
王貞治→ソフトバンク
簑田浩二→オリックス
野村謙二郎→広島
高橋慶彦→阪神

広島で活躍した名遊撃手の2人は野村が広島、高橋が阪神へ。
長嶋茂雄が候補に挙がってたのにどこの球団も指名せず!
巨人以外には行かない仕様になってるのかな?


FA

川上憲伸→広島
岩隈久志→中日
井端弘和→広島

今年も広島のナベツネ補強(笑)


トライアウト入団

阿部健太:阪神の現役投手。
山村路直:ソフトバンクの現役投手。
有野裕三:モデルは有田修三。近鉄の名捕手。梨田と併用され主に鈴木啓示が先発のときにマスクをかぶることが多かった。
進城哲矢:モデルは進藤達哉。横浜で活躍した名内野手。

有野はトライアウトに出てくる肩A、リードAに成長する数少ない捕手です。ラッキー!


退団

続木宋八 引退
藤野晃 解雇
戸田涼太郎 解雇

1年目に活躍してくれた初期架空選手よサヨウナラ!
2008.09.20

DSやきゅつくMission2 3年目 急降下スランプ

3年目の結果 (全試合の結果はこちら→GO)

3,4月 11勝16敗2分
5月 12勝11敗
6月 10勝12敗1分
7月 10勝13敗
8月 11勝13敗
9月 11勝11敗

最終 65勝76敗3分 4位(首位と20ゲーム差)

3年目最終
    試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1 中日 144 84 55 5 0.604 優勝
2 阪神 144 74 66 4 0.529 10.5
3 広島 144 68 73 3 0.482 17.0
4 ワッパーズ 144 65 76 3 0.461 20.0
5 ヤクルト 144 62 76 6 0.449 21.5
6 横浜 144 56 84 4 0.400 28.5


5月以降は大きく負けが込むことも無く、終盤までAクラス入り、CS出場の可能性が残されていました。まあ、Aクラス入りしちゃうと魔術師降臨イベントが消えちゃうので4位でよかったけど。


幻のノーヒットノーラン!

5月3週交流戦
対オリックス 延長10回ノーヒットノーラン中の堀井の初被安打が濱中にサヨナラホームランで負け投手。延長に入るまでに味方打線が1点でもとってくれたら、、、


シーズンタイトル獲得者

環敏次 本塁打王 50本(3年連続3回目)
永嶋高行 最多勝 18勝(初)
永嶋高行 最多奪三振 286個(2年連続2回目)


環の成績

5月4週 通算150号達成!

打率.217 50本塁打 109打点

3,4月で17本塁打と超ハイペースでスタートし、5月も11本と好調だったのに6月以降大スランプに陥り、6月5本、7月4本、8月8本、9月5本と急降下!
 なんとか50本で本塁打王のタイトルは死守したものの非情に残念な結果になりました。
打率.217じゃどうしようもないですね。原因はわかりません。

確かに直前を打っている環(弟)も不振で走者無しで打席を迎えることが多かったけど、それだけじゃないはず。
特に中日戦。中田、朝倉、杉下の3本柱相手だと全く打てる気がしません。あー・・・


ドラフト 不参加

気になる選手の行方は、
若松勉→日ハム
松浦直→西武
高橋由伸→阪神
下山貢→横浜
等々力和夫→横浜

エースと守護神を獲った横浜が怖ーい


FA

岩瀬→広島
杉内→広島

広島のナベツネ補強(笑)


トライアウト入団

脇谷亮太:巨人の俊足二塁手。
坂利雄:坂田利男じゃないよモデルは中利夫。中日の俊足巧打の外野手。特技バントヒット。


スタッフ

3年目の11月、監督候補の中に保志千歳(星野仙一)がいた。
3年連続Bクラスなので本来ならここで監督交代し魔術師イベントを起こし、来年春キャンプで3人能力爆発させる予定だった。
前回、環が爆発2回だった。今回もこのイベントで爆発させたら2回爆発で終わりそうだ。
3回爆発させるには魔術師イベントを少し遅らせ2回目の爆発が起きてから魔術師イベントにつなぎたい。
一か八かの賭けである。
2008.09.15

DSやきゅつくMission2 2年目 MLB記録にあと3本

2年目の結果 (全試合の結果はこちら→GO)

3,4月 6勝23敗
5月 9勝14敗
6月 7勝16敗
7月 10勝12敗1分
8月 12勝12敗
9月 14勝8敗1分

最終 58勝85敗2分 5位(首位と27ゲーム差)

2年目最終
    試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1 阪神 144 83 56 5 0.597 優勝
2 中日 144 79 59 6 0.572 3.5
3 ヤクルト 144 71 67 6 0.514 11.5
4 横浜 144 69 69 6 0.500 13.5
5 ワッパーズ 144 58 85 1 0.406 27.0
6 広島 144 52 83 9 0.385 29.0


2年目の開幕ヤクルト戦はグラサン王子皆藤勇気と環(弟)の神宮のスターライバル対決。
結果は環(弟)の2打数2安打1四球1犠打。
試合は環(弟)のサヨナラ打で勝利!

しかし、2年目の新人王は皆藤勇気。
 ・グラサン王子
   12勝8敗 防御率3.57(10位)
 ・環(弟)
   0本塁打 40打点 打率.340(5位,日本人では1位)
環(弟)残念!


シーズンタイトル獲得者

環敏次 本塁打王 70本
環敏次 打点王 147点
永嶋高行 最多奪三振 241個


環の成績

8月1週 通算100号達成!

打率.297 70本塁打 147打点

ボンズのMLB記録73本にあと3本と迫る70本塁打を記録!

新戦力の波留、環(弟)のおかげですね。2人の出塁率が高く、バントも出来るため併殺が少ない。
よって走者がいる状態で環(兄)の打席を迎えることが多く、環(兄)の精神力の高さを活かすことができ、本塁打と打点が増えた。1年目は前の打者が筒井、藤村の長打の高い打者だったため環(兄)の前で本塁打連発し。走者がいない状態で打席を迎えることが多かった。


ドラフト 不参加

気になる選手の行方は、
中畑清→横浜
尾上大→楽天
落合博満→ロッテ
中西太→西武

尾上、落合、中西といった強打者がパリーグへ行ってくれたのはラッキー!
でも、3年ぐらいしたらFAでライバル球団広島とかに来るんだろうな。


FA

渡辺俊介→広島
赤星憲広→中日
多村仁→中日


トライアウト入団

川井進:中日の現役左腕投手。
北山秀仁:モデルは西山秀二。広島で活躍した捕手。
小早川毅彦:赤ヘルの若大将。広島で活躍した内野手。
矢藤晋一:モデルは佐藤真一。ヤクルトで活躍した外野手。代打の切り札。
北田晋二:モデルは西田晋二。広島で活躍した外野手。代打本塁打男。
北岡良成:モデルは西岡良洋。主に西武・巨人で活躍した好守の外野手。左キラー。
2008.09.12

DSやきゅつくMission2 環BROS.デビュー!

2年目のスターティングオーダー

1筒井(左)
2波留(中)
3環(二)
4環兄(右)
5片平(一)
6藤村(三)
7八重樫(捕)
8三田村(遊)
9ピッチャー


環BROS.のデビュー記念壁紙はこちら!

環兄弟デビュー記念壁紙
2008.09.11

DSやきゅつくMission2 2年目3月3週

1年目終盤の争いの行方・・・

最終節ヤクルト2連戦は環の活躍により2連勝し、なんと1年目を5位で終えたのであった。
(過去のプレイでは最下位が定位置だったからねー)
最多安打の争いは藤村が3安打を放ちヤクルトの青木を逆転、初の最多安打タイトル獲得!

そして気になる本塁打王の争いは・・・
1試合目に環が1本放ちリード。
2試合目、筒井が環に追いつく先制アーチを放つと、ヤクルトに逆転された中盤、環が追撃の1本、そして逆転本塁打となる2本目を放ち、勝利とタイトルを掴んだのでありました。

1年目最終成績
    試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1 中日 144 81 54 9 0.600 優勝
2 横浜 144 79 59 6 0.572 3.5
3 広島 144 66 69 9 0.489 15.0
4 阪神 144 65 71 8 0.478 16.5
5 ワッパーズ 144 61 80 3 0.433 23.0
6 ヤクルト 144 59 81 4 0.421 24.5


シーズンタイトル獲得者


環敏次 本塁打王 54本
藤村武史 最多安打 179安打
福間雄太郎 最多奪三振 235個


環の成績

打率.272 54本塁打 100打点

前回の記録48本を6本上回る54本塁打を達成!

滑り出し上々です。


ドラフト 不参加

気になる選手の行方は、
山本浩二→ソフトバンク
七尾孝志→西武
赤池敦志→中日
鬼嶋憲史→横浜
加藤英司→阪神
皆藤勇気→ヤクルト
吉田義男→阪神
杉下茂→中日

中日杉下とヤクルト皆藤は手強い相手になりそうorz
山本浩二がパリーグへ行ったのはラッキー!(前回は中日入りしコテンパにやられたから)


FA

川上憲伸 中日→西武
荒木雅博 中日→楽天


トライアウト入団

八重樫幸雄:強打の捕手。
片平晋作:好打者の一塁手。
河野敬之:バントの上手い二塁手。外野も守れる。
環歳三:環の弟。巧打の二塁手。
三田村敏男:俊足、小技の上手い遊撃手。
波留敏夫:好打者の外野手。ムードメーカー。


環の弟入団!

大学時代は通算打率5割を記録した巧打の内野手。
皆藤勇気と名勝負を展開し神宮を湧かせた。
大学時代に皆藤に対抗しサングラスをかけ始めた。
皆藤とともにドラフトの目玉として注目されたが、ジャイアンツ脱退騒動により兄の所属する埼玉ワッパーズがプロリーグに参加したため、本人はドラフト指名を拒否し埼玉ワッパーズ入団を熱望していた。
2008.09.09

DSやきゅつくMission2 1年目9月4週 争い

1年目9月4週、142試合が終わり、あと2試合を残すのみとなりました。
リーグ戦は中日の優勝が確定し、広島と阪神がCS出場権を掛け熾烈な3位争いをしていますが、
我が埼玉ワッパーズは7月の大健闘もあり5位ヤクルトに0.5ゲーム差と迫っていました。

残りの2試合の対戦相手は5位争いをしているヤクルトです。
1勝1分け以上なら5位。1年目5位なら大健闘ですよ!

で、そのヤクルトの青木と埼玉ワッパーズの藤村、筒井が最多安打争いを繰り広げています。
残り2試合で、青木177安打、藤村176安打、筒井175安打。
こちらも負けられません!


で、で、環の本塁打記録ですが、9月3週に前回の1年目の記録48本を超え、現在51本!
しかーし、思わぬところにライバルが!なんと同じ埼玉ワッパーズの筒井も51本で並んでいます。
筒井は確か6月ぐらいに能力爆発し夏場に本塁打を量産したんです。

本塁打の記録
筒井の月間18本塁打は日本新記録!(7月)
筒井の9試合連続本塁打は日本新記録!(7月)
桐原の4打席連続本塁打は日本タイ記録!(9月)

さて、どちらが1年目の本塁打王に輝くのか!
(ちなみに筒井は打点王争いでもトップに5打点差の2位。可能性は残っています。)

埼玉ワッパーズ主軸の月間本塁打数

  2番筒井 3番藤村 4番  5番桐原 ▲前回の
3,4月  5  2  8  4  7
5月  6  11  9  4  9
6月  6  11  10  10  11
7月  18  13  6  5  10
8月  7  1  9  5  5
9月  9  7  9  10  6
142試合現在  51  45  51  38  48


2008.09.07

DSやきゅつくMission2 1年目6月4週

埼玉ワッパーズ始動して半年、シーズンも半ばになりました。

1年目6月
    試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1 横浜 75 42 29 4 0.592 -
2 中日 75 41 29 5 0.586 0.5
3 広島 75 40 31 4 0.563 2.0
4 阪神 75 35 34 6 0.507 6.0
5 ヤクルト 75 32 39 4 0.451 10.0
6 ワッパーズ 75 22 53 0 0.293 22.0

草野球チームがプロチーム相手に勝てる訳もなく断トツ最下位。

3,4月 2勝27敗
5月 9勝14敗
6月 11勝12敗
(交流戦 10勝14敗)

3,4月はなんと5連敗、7連敗、15連敗!
5月以降はコンディションの回復や環敏次、筒井、永嶋の能力爆発もあり健闘。

で、環敏次の成績は、

打率.281 28本塁打 49打点

本塁打は前回プレイ時と同じペースで本塁打争いトップ!
ただ、打率は前回1年目が.238だったので今回はかなりいい感じ!

夏場の本塁打量産に期待!!
2008.09.06

DSやきゅつくMission2 埼玉ワッパーズ始動!

ついに始動した埼玉ワッパーズ。

早速、宮崎キャンプで猛特訓!
環、藤村、筒井らの主力打者は連日のしごきに耐え、汗を流した。
そしてオープン戦が始まろうとしていたある日のこと。

球団事務所に一本の電話が鳴った。
「1月に急遽登録された5人の選手のことなんだが・・・」
「えっ」
「ちょっとズルっぽくないですか?ワッパーズの選手じゃないですよね。」
「えぇ、、、まぁ、、、」

こうしてワッパーズ生え抜き20名の選手でスタートすることになった。
ベンチ入り25人も満たせないが大丈夫か?



埼玉ワッパーズ始動記念壁紙はこちら!

埼玉ワッパーズ始動記念壁紙

2008.09.01

DSやきゅつくMission2 環を日本一の本塁打王に!

日本プロ野球界に衝撃!ジャイアンツがメジャーリーグ参加へ!

TV放映権料の減収や球場チケット収入の激減に悩む巨人軍が人気回復の最終手段として米国メジャーリーグへの参加を企てているという情報が先日の夕刊紙にスクープされた。
現在、参加リーグ、地区およびチーム名(ジャイアンツという名称がNリーグのサンフランシスコと被るため)の調整段階ともいわれている。

これに慌てた日本野球機構はなんとか思い留まるよう説得に動くも上手くいかず、裁判も辞さない構えである。
なんとか人気回復したい巨人軍と、わずかな人気(収入源)も逃したくない日本野球機構+他球団との対立模様の中、臨時オーナー会議の中で巨人側から突拍子も無い提案が・・・


「巨人軍の替わりのチームをセリーグに参加させる。そのチームも用意してある。」

そのチームとは、「埼玉ワッパーズ」。なんと草野球チームなのだ!
その場にいたオーナー全員があきれて退席してしまい、オーナー会議も打ち切られた。


しかし・・・

このことがマスコミよって報道されると「埼玉ワッパーズ」って何者なんだと、TV局のワイドショー番組がこぞって「埼玉ワッパーズ」を取り上げた。
かつて甲子園で5打席連続場外ホームランを放ち、日本中の注目を浴びながらプロ入りを拒否、埼玉の爆風扇風機といわれた環敏次が所属していたこともあり、たちまち時の人となり、街中が「埼玉ワッパーズ」の話題で持ち切りだった。

日本野球機構やオーナー達も、このまま11球団でシーズンを実施するよりも「埼玉ワッパーズ」の人気に便乗して少しでも減収を少なくしたほうが得策ではと考え、急遽巨人側と話し合いの場を持ち、次のような妥協案を申し入れた。


日本野球機構は「埼玉ワッパーズ」の参加を特例として認める。
ただし10年以内に日本一になること。
日本一になれなかった時は即刻脱退し巨人軍が戻ること。
ドラフトへの参加は認めない。
トレード、FAによる「埼玉ワッパーズ」への移籍は認めない。
外国人の獲得は1人も認めない。
以上


せこいね、ここ10年のドラフトは稀にみる大豊作で即戦力のエース、主軸が目白押しなんだ。1人も「埼玉ワッパーズ」へやらないぞっていうこった。
戦力補強させずに日本一を阻止すれば、メジャーリーグ参加で多少人気回復したかもしれない巨人が戻って来て万々歳ってか。
これでは「埼玉ワッパーズ」の補強はトライアウトだけじゃないか・・・




こうして新球団「埼玉ワッパーズ」は10年以内に日本一を達成するために始動した、かに見えたが重大な問題が!
「埼玉ワッパーズ」現監督は環敏次の親父さんであるが、家業の豆腐屋が忙しくペナントレースの指揮を執ることは無理だと監督を断って来たのだ。
途方に暮れていると、親父さんはこう続けた、
「でも、替わりの監督見つけておいたからな。」
ちぇっチームが代替えチームなら監督も代替え監督かよ!そう思っていると親父さんの後ろから背番号88番の巨人軍のユニフォームを着た若大将が現れた!
「今日からこのチームの監督を務める原です。よろしく!」
・・・(左遷?)


こうして、やっと「埼玉ワッパーズ」はスタートするのであった。




登場する人物、団体、設定はすべて架空であり、フィクションです。



2008.09.01

ダビスタDS 28日目

うわっ!なんじゃこりゃ


これ、牧場長の台詞です。
こっちがなんじゃこりゃです。

第2牧場でプレイしてて1歳馬の競り市に行った時のこと。
良さげな仔馬はいないかなぁとコメント確認していたら、

牧場長「まあまあの馬ですね」 (ふーん)

牧場長「うわっ!なんじゃこりゃ」 (えっ!?)

牧場長「この馬にいってみますか」 (???えー!)


なんなんだ?ものすごい能力の馬か?
でも最初にまあまあの馬っていってるし?
こんなコメントが出るなんてものすごく優秀な馬かものすごい駄馬か、どちらかに違いない。
でもなー、ものすごい駄馬にコメント出して何の意味があるのか?
うん、やっぱり優秀な馬に違いない。

ということで競り落としました。
名前は
ウワナンジャコリャ号
父ラストタイクーン 母ハバナブラウン 牝1歳



で帰宅してググって見たら、ありました。
2ch掲示板に同様な報告が。
どうやら危険な配合らしいです。( ̄_ ̄|||) どよ~ん
攻略本で調べてみたら Nearco の血が5本も入っていました。
でも、2ch掲示板の報告では結構優秀な馬だったらしいので期待しちゃおうかな。
Posted at 19:42 | ダビスタDS | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。